アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

オルフェオのエコー

こんにちは。


8月になりましたね。


このところ、太陽の光にご無沙汰しているのですが、心の中は熱いです。


というのも、7月下旬に、古楽のグループで1年に一回行っている「イタリア詩学の会」が開かれ、モンテヴェルディのオペラ「オルフェオ」についての素晴らしい講座を受けてきたからです。


場所は東京音楽大学。


イタリア語の鈴木信吾先生が、イタリア語の詩の形式について解説されました。

モンテヴェルディをはじめバロック音楽の歌詞は、韻律を持った詩で書かれています。

作曲家はこの詩の形式を熟知し、言葉の意味がこわれないように音楽を付けていきます。

ということは、私たち演奏家も同じようにアプローチするといいのですね。

まず、歌詞のリズムを把握すること。

それにはイタリア語の知識や詩のリズム構造を知ることなのですね。


イタリア語の詩には、4,8,5,7,11音節詩行があります。

これらの詩の、アクセントの位置が大事になります。

アクセントのところにつけられたモンテヴェルディのメロディーを見ると、なるほど、音程が高くなりクレッシェンドしているような、また、長い音符で書かれていたりと、ちょうどこれが強調されているように見えるのです。


歌詞を詩の構造に沿って読んでいくと、そのまま音楽になれます。


また面白かったのが、rima baciata リーマ バチアータ 「韻がキスをする」という箇所。

これは詩の最後のところの韻が2行続けて踏んでいるところのことです。


この、韻のつづくところ、韻が「キスをする」と、次の音楽の構造はそれまでとガラッと変わるのですね。

たとえば、アリアに、と。


それにしても、この、韻がキスをするなんて表現、アモーレの国イタリアらしいと思いませんか?

なんだかとってもロマンチックで


さて、午前中に詩を把握したあと、私の先輩でもあるテノール歌手の福島康晴さんが、ピアノで伴奏をつけて歌いながら、「オルフェオ」の第5幕、アポロとオルフェオディアログ部分の楽譜解析をしてくださいました。

福島さんが歌いながら楽譜に込められている意味を説明し、天上のアポロと地上のオルフェオの世界の違いが、使われている旋法の違いによって表されていることなどをお話下さいました。

その歌声が柔らかくて、本当にイタリアの響きだったのです。

柔らかな光の、丸いドームの天井を思わせました。

私は福島さんの歌を何年か前にも聴いていたのですが、なんだかすっかりイタリア人のような声でした。


鈴木先生の朗読された韻律を持った詩のリズムが、福島さんの歌によって見事に音楽に変容を遂げました



そして、締めの講義は丸山桂介先生。

モンテヴェルディのオルフェオを生み出した神話、「オルフェオとエウリディーチェ」にまつわるお話。

神話、宇宙論、オルフェオの最後のモレスカのダンスについて、はたまた人間の脳科学について、スケールの大きすぎるお話でした。



その後、講座を受講していた仲間と福島さんとみんなでお茶会をしましたが、それが五角形の形でテーブルを囲んだため、名付けて「ペンタゴン茶会」


その後、まるでオルフェオのEcoが私たちに乗り移ったのか、池袋駅地下構内で3人による三角形的立ち話、名付けてトライアングル立ち話。


このメンバーが、またまたすごいです。

このオルフェオのエコーは、その後数日間、私の魂の中に住んでおりました。


良い講座、良い場、良い仲間。


時空を超えて、旅は永遠に続きます




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。




楽譜を分析できる力=美しさを感じる心

こんにちは。


先日は、ベルギー・パリ在住の日本人チェンバリストにお会いしてきました。


彼女は非常に多忙なスケジュールの中、私のためにお時間を作ってくださいました。


そして、今ヨーロッパでどんな風にバロック音楽研究がなされているかなど、いろいろなお話を聞くことが出来ました。



その中でいくつか、印象に残ったことを書いておきたいと思います。


ー まず、楽譜から分析できる能力が高まれば高まるほど、自分で自立して自分の演奏を判断できるようになるので、人の演奏を聞かなくても分かるようになる、ということ。


ー 逆に、他人の演奏を「完璧に」コピーできるということはまた、その演奏家がそれだけ多様なテクニックを持っているということ。  
例えば、グレン・グールドは、25人の演奏家の完全なコピーができたそうですが、それは、グールドが、それだけ多様な技術や音楽性を備えていたということだと。


音楽家は、よく役者にたとえられますよね。

色んな役をこなせてはじめて、その方の技量が判断されること。

ひとつの曲からどれだけの音のパレットが導き出されるのか。

まるで、絵画のように。



そんなお話をしていると、あっという間に時間が経ってしまいました。


もうひとつ。


素敵なお話。



あるイギリス人の心理学者によれば、天才って人生の中で、時間が止まる瞬間を感じる回数が多いのですって。


太陽の光を美しいと感じてしばし見入ってしまったり。


そういう風に、 「きれいだな」 と感じて時が止まる瞬間を感じることが普通の人より断然多いのだとか。


そうかもしれませんね



ありきたりに見えるものの中にも、どれだけ美しさを感じ取れるのかな。


その心が、楽譜を分析できる力にも繋がっていくのではないかと、お話をお聞きしながら思いました。



本当に楽しく、貴重なひと時でした。




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。






9月からのフランス語講座のご案内

こんにちは。



明日は鹿沼マイカレッジでの最後のフランス語講座を行います。

この講座では、フランス語の初歩の会話や自己紹介の仕方、文法の説明などをさせていただいています。

受講者の中には、私の講座で初めて、フランス語のアルファベットから習ったという方もおられました。



当たり前のことかも知れないのですが、講座の始まりと終わりに私は必ずフランス語で、

「Bonjour ! こんにちは!」

「Merci beaucoup ! どうもありがとうございました!」

と、言うようにしています。


すると、皆さんも自然にフランス語で答えてくれます。




挨拶は、万国共通の大切なコミュニケーションのツール。

どんなにレベルが進んでも、会話はここからはじまります。

フランスでは、買い物をするときにお店の方だけではなくお客のほうも、

「Merci !」 や 「Merci beaucoup !」

を、必ず言います。

日本では実際、お客様の方が 「ありがとう」 ということはあまりないですよね。

でも、これはフランスや欧米ではとても大切なことなのですね。




外国語を学ぶことは、文化を知ることに直接繋がっていきます。

私は自分が習ってきたフランス語のメソッドを、できるだけありのままに伝えようと思っています。




さて、マイカレッジでの講座は明日で終わりますが、嬉しいことにフランス語講座を継続したいと受講生が言って下さいました!


夏休みを挟んで、9月から新しく講座を鹿沼市で行います。



毎月2回 火曜日10:00~11:00です。


日時: 9月12、19日 10月10、24日

(火) 10:00~11:00

場所: 鹿沼市 (お申し込み時にお伝えいたします)

受講料 : 5人以上でお一人さま 2000 円/月2回 (受講者の人数が5人に達しない月は、人数によって若干値上がります)

レベル: 入門~初級

使用テキスト: initial 1 (CLE international 出版社)、 nouveau Ken et Julie (駿河台出版社) ※テキスト購入は強制ではありません

定員は10名です。




受講者のレベルに合わせたペースで進んでいきたいと思います。




ご興味のある方は、臼井までメールでお願いいたします


E-Mail: masami22358★gmail.com (★を@マークに変えて送信してください)



今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。





ふと思ったこと

こんにちは。


ふと、思ったことシリーズです。


外国に行ってみると感じることですが、言葉がわからないということは、感覚を開かせてくれるのですね。


言葉が全部はわからないから、相手の顔つきや話すスピードなどを良く見て感じる (観察する) 。


言葉が全部はわからないから、分かる単語を一生懸命聞き、理解しようとする。


一日一日が充実すると同時にまた、疲労します。


日本では、あまり味わえない疲労感。


でも、これが人間のキャパシティーを広げていくきっかけになるように思うのですね。


全部言葉が分かる母国で暮らしていると、どうしても、この全感覚を駆使して相手を理解しようとする部分が少なくなると思います。


それは、ある意味では楽なのですがね。


外国で疲れてしまうのは、自分の経験からは、感覚を使い過ぎるからなのかなと思うのです。


バランスを保てること....


良い友達に出会えること.....


外国で、自分が何を学んでいきたいのかをはっきりと持っていること.....


ここが、外国生活を送るのには大切なことでしょう。



今は、ひと昔前に比べて、日本に外国の方がずいぶん多く暮らすようになりましたね。


私は自分が外国で暮らしたことがあるから、日本にいる外国人の気持ちも少しは分かるような気がします。



そして今でもずっと外国語を勉強しているのも、その勉強もネイティブに習っているのも、できるだけ外国に触れていたいからなのです。


私にとって日本で外国人と接することは、やはり感覚を開いてくれます。


たとえ相手が日本語が分かったとしても、やはり歩み寄りの気持ちで接することになるからです。


2020年には東京でオリンピックが開かれますね。


日本が国際的に開かれた社会として認識されるためには、ひとりひとりの意識の持ち方が大事な要素になってくると思います。


日本が、外国人にとって、少しでも居心地の良い国であって欲しいと思っています。



今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。





リコーダー奏者 ヘイコ・テル・シェヘットとの思い出

こんにちは。


先日、楽譜の整理をしていたら、ドイツ留学中ブレーメンのヴァッハト通りにあるBartels Noten という楽譜屋さんで買ったバロック音楽の楽譜が色々出てきました。


テレマンの、フルートとヴァイオリンのためのメトーディッシェソナタ、ルクレールのこれまたヴァイオリンとフルートのためのソナタ、などなど。


バロック時代は、ヴァイオリンとフルートは同じ曲を弾けたのですよね。


テレマンやルクレールは、バロック装飾法や通奏低音を学ぶのに欠かせない、とても良い教材なのです。



そうそう、私はこのテレマンのメトーディッシェソナタを、オランダのユトレヒトのリコーダー奏者 ヘイコ・テル・シェヘットのお宅に行ってリハーサルした時に、彼からたくさんのことを教えていただきました。


ヘイコとは岡山音楽祭で共演したのですが、彼の家に行って一緒に音楽をできたことは私にとってかけがえのない思い出です。


まず驚いたのは、ヘイコの家の入り口がすでに台所だったこと。


オランダのきれいなタイル張りキッチンが、玄関。


案内された私は、「え?」 と思ってしまいました。


これでいいんだ。
家って玄関が台所でも、いいんだな。 と。


世界を見ると、価値観が柔軟になりますね。


ありえないものは、ないんだなと。



ヘイコの名字のシェヘットというオランダ語は、どうやらオランダ人にしかできないらしく、彼のドイツ人の奥様も正しく発音できないのですと。


私も彼の真似をして一生懸命 シェヘット、シェヘット、と発音してみるのですが、何度やってもヘイコは笑います。



まあ、オランダ語に近いドイツ語を話す人たちが無理なのですから、仕方がないです



というわけで、ヘイコとの雑談は和やかな雰囲気だったのですが、

いざ、音楽となると、いや厳しい。


ヘイコ自身がチェンバロの通奏低音は達者でいらっしゃるので、1拍目のタイミングやアルペッジョの合わせ方などを細かく指摘されました。

ミスタッチは絶対に許されませんでした。

まあ、これがプロとして当たり前の世界なのですね。



ミスは、仕方がないことです。

でも、絶対にミスをしてはならないということを言われて練習すると、ミスは本当にしなくなるものです。


ヘイコとコンサートを終えて、彼は私に、


「いや、よく弾いてくれた」


と、一言、笑顔で言って下さいました。


ヘイコは、普段、ユダヤ人のフォルテピアノ奏者ズヴィ・メニカと共演しています。

ズヴィ・メニカはハノーファー音楽大学のチェンバロ教授で、私の恩師ロバートカイ先生の後に教授として地位につきました。

素晴らしいフォルテピアノ奏者のひとりです。



ヘイコのリコーダーは、静謐です。

ダンスで言えば、貴族風の noble という言葉がよくあてはまると思います。


あれから何年経ったのだろう。


ヘイコのリコーダーの響きも、すぐに頭の中で甦ります。



いい響きは、記憶にインプットされるということなのですね。



さて、ヘイコの音楽的厳格さを思い出して、気が引き締まってきました(笑)



今日も、一生懸命練習しようと思います。



今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。





«  | HOME |  »

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ