アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

ダンスと演奏のコラボレーション実現

こんばんは。

先日の大雪の後、気温がぐんぐんと下がり、寒い日が続いています。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?


さて少し日が経ってしまったのですが、先日の出張チェンバロレッスンでは、とても嬉しいことがありました。

生徒さんの一人は、クープランの、シチリアーノのリズムを持つ曲をおさらいしてまして、これが譜面は全く易しそうなのに、難しいのですね。

右手の装飾音が、もう、装飾音三昧で…。
それを、クープランが指示している通りに行うからこそ意味があり、曲の意図と魅力が表現されるのですが、今回生徒さんは頑張って丁寧におさらいして来て下さいました。

シチリアーノのリズムは左手で取っていきます。
クープランは左手を単旋律ではなく2声にして書いているため、これが一筋縄には行きません。

でも、あくまで基本はシチリアーノ。

これは、もう体感してもらうのが早いと思い、その場でシチリアーノのダンスのリズムを伝授しました。

リズムは流れがありますから、均等割ではないのです。
どこにウェイトがあり、どこが流れて欲しいか、これを先ず何回も踊っていただきました。

それから、チェンバロに再び向かうと。

あれ? 出来てる!自然に流れる!

その生徒さんの演奏に合わせて、今度は私ともうお一人の生徒さんと一緒にシチリアーノのダンスを踊りました。

すると、よくおさらいして下さった右手の装飾音が、なんと美しく、軽やかに響いたことでしょうか。

ダンスと演奏のコラボレーションの理想的な姿が実現!✨

ダンスから入ると、理屈はなく自然に音楽が作れる、ことを再現して下さいました。

私も、今回は本当に嬉しかったです♪



さて、来週は岡山講座に参ります。

今準備中です。

準備中に、また新たな発見が続いています。

今回は、クラヴィコード奏法とピアノの音作り、ロングトーン、クープランとチェルニーの教本解読と実践、バロックダンスと盛りだくさんです。

熱心な受講生が勢揃い。

頑張ります!


皆さま、寒い日が続きますので、どうぞお気をつけてお過ごし下さい。


今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。


宇都宮のアトリエにチェンバロを運びました

こんにちは。

今日は曇って寒いですね。

年明けに宇都宮のアトリエにチェンバロを運んだのですが、室内に設置が終わりました。
写真を撮ってみました。



木の香りが漂います
まだ、一部の室内工事が残っていますので、ピアノのお部屋は後日にアップしますね。

チェンバロが良く響き、落ち着いた雰囲気で、レッスンも練習も集中できます!

完全オープンは、3月を目指しています。

きれいに室内を整えます!

楽しみにしていて下さいね。

今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



第5回宇都宮バロックダンス講習会のご案内

こんにちは。


2月に、宇都宮で第5回バロックダンス講習会を開催します。


内容は、正しく歩く、メヌエット、ガヴォット、サラバンド、ブレの復習レッスンです。


正しい姿勢、美しく踊るための身体の脱力、舞曲の基本ステップをくりかえしおさらいします。

舞踏譜の読み方もご説明します。

バロックダンス初心者の方も、ご参加いただけます。


日時: 2月12日(月 祝日) 9:45~11:45

場所: 宇都宮市 (お申し込み時にお知らせいたします)


参加費: 大人3000円、学生1500円


持ち物: 前回までの資料(お持ちの方)バレエシューズや底の柔らかい上靴、タオル、お飲み物


お申し込みは、臼井までメールでお願い致します。

E-mail:masami22358★gmail.com(★を@マークに変えて送信してください)


今日は、素晴らしい晴れの日でした。
遠くの山は、少し霞んでいて、春が近づいて来ているように思えました。

夕方の山々の景色のグラデーションは、この世のものとは思えないほど素晴らしいですね!


今日も、お読みいただきまして、ありがとうございました。

今年始めのフランス語レッスン

みなさま、こんにちは。


パソコンのネット環境がまだ整わず、携帯から書いています。


宇都宮のアトリエの整備の様子は、後程写真を投稿します。
少しずつ形になってきています(^_^)/


さて先日は、年始はじめの鹿沼市フランス語レッスンを行いました。

部分冠詞、否定文の作り方の復習と、動詞avoir(持つ)を使った身体の状態(暑い、寒い、お腹が空いた、喉が乾いた、など)を覚え、基本的な動詞の活用の復習や発音をしっかり復習して行きました。

部分冠詞…フランス語特有の冠詞は、イメージすると結構面白いです。

deと定冠詞を組み合わせて作るのですが、このdeというものが、既に部分的なものを示すらしいのですね。

数えられない名詞に対して使われる部分冠詞。
水やワイン、チーズや魚まで。

魚なんて数えられそうなのに、魚は切り身で食べるのだから、やっぱり部分冠詞を使うのですね。

この部分冠詞と定冠詞や不定冠詞の使い分けは文章が何の動詞を使っているかによっても決まってくるものでもあります。

初歩の段階で、沢山中身が詰まっているフランス語の勉強、皆さん楽しく勉強してくれています。


自分のフランス語の勉強も、サンテーズはまたスジェが難しくて、泣きながら(大袈裟💦)やっています。

今度、それを学校に持って行き、添削していただくのですが…どうなるやら^^;


チェンバロレッスンも、今週末から始まります。


寒い日が続きますね。

どうぞみなさま、暖かくしてお過ごし下さい!


今日も、お読みいただきまして、ありがとうございました。

パーセル『ディドとエネアス』

こんばんは。


宇都宮のアトリエで、ネット工事が手間取り、まだ工事出来ていない状態です。

パソコンが使えないと、やっぱり不便ですね。

まあ、こういう時は流れに任せる他ありませんね。その内なんとかなるでしょう。


さて、昨日は演奏仕事初めでした。
パーセルのオペラ『ディドとエネアス』第3幕のディドの死のシーンのリハーサル。

歌手の方とディドの作者、古代ローマのウェルギリウスからパーセルの生きたバロック時代にまつわる宇宙論、魔女の話やヘンリー8世やエリザベス1世の歴史の話、背景を話し合いながら曲を仕上げて行きました。
また、音楽的に気がついたことはお互いに言い合えるようになりました。

悲しみのラメントの通奏低音に乗せて、ディドは自分と国家の運命の姿を語ります。

パーセルは、学生の為にこのオペラを作曲したそうです。
ですから、見かけはそれほど難しくはないかも知れないのですが、だからこそ語りは難しいそうです。

バロック歌唱は、声に「核」のようなものがあり、ヴィヴラートではなく「語り」で音楽を展開させていきます。

それだけに、外国語の発音、発声、アクセントや朗読、言葉の中に含まれる深い意味の捉え方がものを言ってくるそうです。

パーセルの時代の英語のリズム感も、また独特でした。

これらの勉強は、私達楽器の方にも大いに役に立ちます。
それらを響きにどれだけ取り入れているかも、通奏低音のクオリティに関わってきます。


新年から、学びの多い1日を過ごさせていただきました。

次回も、また楽しみです。


今日も、お読みいただきまして、ありがとうございました。




«  | HOME |  »

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ