アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

一曲を大切に弾くこと

こんにちは。

昨日は東京でチェンバロの出張レッスンを行いました。

生徒さんが確実に進歩してくれていて、私も本当に嬉しくなります。


一生懸命考え、調べて、練習していることは、たいていはじめの一小節を聴くとすぐに分かるのですね。



楽譜上は易しく見えても、演奏するのは易しくは決してないですよね。

音符の数イコール難易度、ではないですものね。



音楽もダンスも、メッセージが響くように演奏できるようになるのは長い時間がかかるものです。



楽器の構造を知り、弾き方を覚えて、練習を重ねて、重ねて......

でも、その過程も楽しい。



私は、早く仕上がることを目的に教えておりません。

それよりも、一曲を確実なレベルにまで何度も練習してもらいたいと思っています。



途中で飽きやすい方には、その段階で別の曲も宿題に出しますが、

何がその方にとって苦手なことかというのは、実はどの曲を練習しても同じところに出てくるものなのですね。




ですから、すこーし辛抱して与えられた一曲一曲を大切に、ご自分の課題に向き合うようにすると、

ある時突然変わったりします。



それこそ、

「あれ、なんだか指が自由になる」

「こんな響きを作りたかった」

など、理屈を超えてこれで良いのだと、分かる時が必ずやってきます。



そうしたら、色々な曲が、手の中に自然に入ってきます

そして、ますます楽しくなり、もっと、もっと弾きたくなってくる。


良いサイクルが生まれてきます。




私はまたレッスンの曲と同時に、お家で少し気分転換に弾けるように、いくつかの曲をおすすめしたりしています。

それはレッスンに持ってきていただかなくても、遊びで弾けるようにできるためなのです。



一曲を丁寧に練習しながらも、時には遊んで弾く。


私自身、子供の時から遊んで難しいベートーヴェンやショパンのソナタなども弾いてみたりしていましたので、

(先生には内緒にしていました 笑)

そんな風に、音楽を楽しんでいただけたらなと、思っています



☆~☆~☆~☆~☆


アトリエバロックフランセーズ

チェンバロ  クラヴィコード  ピアノ  バロックダンス

の生徒を随時募集しております。


ただいまアトリエを整備中のため、出張レッスンを行っております。



お問い合わせは臼井までメールにてお願いいたします。

masami22358★gmail.com(★を@マークに変えて送信して下さい)




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ