アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

香りがもたらした出会い

私はこう見えても結構、行動するのは早い方です。


悩む時は悩みますが...。
こう、と思うと、すぐ行動しています。


この人、この学校、この感じ!


のように、直感がピタっと働く時はたいてい自分にとって良いサインなのですね。



クラヴィコードを教えて下さったミクローシュ・シュパンニ先生も、そのCDを聴いて、

「なんて綺麗な響きだろう! 習いたい!」

と思って、CDのブックレットに記載されていたフィンランドのオウル音楽大学にお電話し、事務員の方に英語で頑張ってお話して連絡をつけて頂きました。



バロックダンスの先生のアナ・イエペス先生も、動画を見て、

「素敵なダンス!いつか習ってみたいな。」

と思っており、チャンスがきた時にやはり直ぐにお電話しました。



周りからはびっくりされるのですが、



「行動」は、新しい流れを生み出してくれますね。




昨日も素敵な出会いがありました。

ダンスの練習会場に行き、

「よし今日も頑張ろう

と、思って会場に入ると、

ほわーっと香りが。



それまでそのお部屋には、こんな香りがしたことはありませんでした。

すると前の時間に使っていらした女性の先生が、まだお部屋の鍵を私に引き継いでいなくて、私に手渡そうとされていました。

ラヴェンダーのような、ベルガモットのような素敵な香りに誘われて、なぜか私はその先生に、


「何をしていらっしゃるんですか?」


と、思わず尋ねていました。

すると彼女は、アロマストレッチトレーナーの先生でいらしたのですね。



笑顔の素敵な、さわやかな先生。

私が所属している『かぬまマイカレッジ』で、昨日から新しいアロマストレッチの講座を、その会場で始められたようでした。



私もバロックダンスやチェンバロの活動をお話して、2人で似たような境地にいることが分かりシンパシーを感じたのです。



早速、先生が別の場所で今月行うアロマストレッチの講座に申し込んでみました。

身体をリラックスさせて、五感がクリアーになれそうな予感




香りというのは、本能に近い気がします。

好きな香り、どこかで知っている香り。

そんな香りがもたらしてくれた、昨日の出来事。



これから何が始まるか、ワクワクしています!




素敵なご縁、大切にしてゆきたいと思います。




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



スポンサーサイト

▽トラックバック

http://francaise88.blog.fc2.com/tb.php/130-fc2003ec

 | HOME | 

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ