アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

マタイ受難曲の振付

こんにちは。

今月の27日に東京音楽大学の図書館コンサートに向けて、練習の日々は色濃くなっております。


今回初めて自分でバロックダンスの振付を行い、それを踊る、という実験的プログラムがあります。


お題は、マタイ受難曲の第1曲目の合唱部分の17小節から52小節。


この曲にバッハは、Chorus コルス つまり「合唱曲」 とだけタイトルを付けました。
この意味を、どう受け取るのか。


拍子は、8分の12拍子。
つまり、2分割の曲。


ですので、もしも舞曲に考えるならば2拍子系のダンスにカテゴリーされます。


私は、これをフランス風のジーグに捉えてみました。
2拍子、つまり ア・ラ・ブレーヴェ になるということですね。


従ってテンポも速くなる。


バッハの楽譜からは、むしろイタリア風のジーグが読み取れるのですが、


隠されたフランス風ジーグのリズムを、ダンスによって浮かび上がらせます。
時にはフォルラーナも入ってきます。(面は着けませんが)



今回、振付をしてみてダンスで具現化するにあたって、
ユニットを捉え、
壮大な曲の中にも細かなニュアンスを感じることが出来ました。


単に 「合唱曲」 ではないこと。



バッハ自身もバロックダンスが得意だったと、ドイツでお世話になったヴァイオリニストの先生から伺いました。



実際バッハの組曲には、イタリア風とフランス風が混在しています。
どちらも同時に存在する。



今回の、マタイ受難曲 「Chorus à la Gigue ou à la Forlana」(ジーグあるいはフォルラーナ風合唱曲) 、

楽しんで観ていただけたらなと思っております。


頑張ります



今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



スポンサーサイト

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ