アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

宇都宮のアトリエにチェンバロを運びました

こんにちは。

今日は曇って寒いですね。

年明けに宇都宮のアトリエにチェンバロを運んだのですが、室内に設置が終わりました。
写真を撮ってみました。



木の香りが漂います
まだ、一部の室内工事が残っていますので、ピアノのお部屋は後日にアップしますね。

チェンバロが良く響き、落ち着いた雰囲気で、レッスンも練習も集中できます!

完全オープンは、3月を目指しています。

きれいに室内を整えます!

楽しみにしていて下さいね。

今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。


スポンサーサイト

イタリアンチェンバロで指ならし

こんにちは。

昨日は宇都宮市のアトリエにリュッカースチェンバロを運びました。
他に机や生活用品の大きいものも一緒に運んできました。
今日は、ちょっと筋肉痛があちこちに出ています

ところで、私は17世紀のイタリアンチェンバロのレプリカも持っているのですが、さすがに宇都宮のアトリエに2台は置けず、こちらは元のアトリエに置いていきます。

イタリアンチェンバロは、響きの立ち上がりがシャープなのが特徴で、余計なエコーも全くありません。
チェンバロの素材の音、という感じがします。

今日はゆっくりと指ならしに、1520年イタリア生まれの作曲家アントニオ・ヴァレンテのドリア旋法という、とても古風なミステリアスな響きのする調のリチェルカーレを弾いて、それからフレスコバルディのトッカータ、バッハ、パーセルと、練習をしてゆきました

_20180103_200018 - コピー

チェンバロの装飾も、シンプルで美しいですね。

_20180103_175336 - コピー

さて、明日は宇都宮市のアトリエにインターネットの回線を引き込む工事があります。

明後日は、歌手の方の伴奏でレッスンを受けます。
これが今年の仕事始めです
たくさんのことを学びながら頑張ります!

アトリエには少しづつ移転の準備をしていますので、ネットの移転のこともあり、少し更新が滞るかもしれません。

レッスンは出張でもできますので、どうぞお気兼ねなくお問い合わせ下さい。

E-Mail: masami22358★gmail.com (★を@マークに変えて送信して下さい)

今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



今年も、ありがとうございました。

こんにちは。

2017年最後の日は、曇り空です。
日差しがないと、めっきり冷えますね。

一昨日は、宇都宮市のアトリエに、ピアノを運んでもらいました。
ピアノが板の上に乗り、両端に紐をかけて、まるでノアの箱舟のように運ばれてゆくのを、じっと見ていました。
運んで下さった二人の男性の、人間の力を感じて感動しました。

世の中の色んなことに人の手があり、その偉大な恩恵に授かれること。
郵便だって、インターネットだって、どこかに見えない人間の努力があることを想いました。

今年も、沢山の方にお世話になりました。
こうして、私のブログを訪問してくださる方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

来年もまた、よろしくお願いいたします。(リピートです☆*:.。. (≧▽≦) .。.:*☆)

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

アトリエバロックフランセーズ

_20171231_114244.jpg

(年末なのに、サンドイッチを作ってしまった私です。
パセリを入れた、玉子とツナサンドです。)




与えたり、与えてもらったり・・・エネルギーの循環

こんにちは。

12月に入ってバレエの友人から、あるお仕事を頼まれていました。
チャイコフスキーのバレエ「眠りの森の美女」についての、あるソロパートについての見解でした。

動画、楽譜スコア、振付を調べて、ダンスの歴史についてのドイツ語文献の翻訳をし、バロックダンスとバレエの歴史の専門家に意見を求めたりと、かなり時間がかかりましたが、ようやく年末に仕上げることができました。

まとめた文章は5000文字近くになりました。
未だに手書きの方が私の思考には向いていて、ノートに数回まとめ直して、最後はパソコンにインプットし友人に送信しました。

読んだ友人から直ぐにお返事を頂きまして、貴重なお仕事だと、労っていただきました。
もう感無量です!

こういうご依頼は初めてでしたし、友人はバレエの専門家。
今はバレエの技術のみならず、バレエの歴史や背景について学ぶ意欲に溢れており、日本のバレエ界にはこれからなくてはならない人物となることと思っています。
そんな大切な友人からの依頼でしたので、私も気を引き締めて、きちんとしたものを送ろうと思っておりました。

友人から、「チャイコフスキーの新しい読み方だ」と、「読めば読むほど素晴らしい」と、後日もメールを下さり....。
いえ、もう自分としてはやれるだけのことを精一杯やっただけですが、本当に嬉しかったです。

その翌日は、今度は自分が学びに行きました。
この夏から、私は特にフランスバロックを深めたくて、専門家の先生について習っているのですが、その日も素晴らしい学びの日となりました。
今は、初見でどれだけ音楽をつかめるか、を学んでいます。

初見って本当に大事ですね。
パッと楽譜を見て、音楽を読み解くこと。
そう、「音」をとらえるのではなく、「音楽」に直ぐに入れること、なのですね。

それには、シンプルな思考がいかに大切かを学んでいます。
いかに難しく考えないところで音楽を捉えられるのか。

そんな風に、学んだり教えたり、与えたり、与えてもらったり、エネルギーが循環することは素晴らしいことだと思います!

これからも学び続けます。


出先で見つけた、オシャレな八百屋さん。
大根が、こんな風に飾られると、ものすごくステキ

_20171229_204320 (1)

このお隣のは、今時珍しく、量り売りのお米屋さんが。
こちらは、写真を撮り忘れました~

日本って、魅力が一杯ですね。


今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。


歩いてデトックス

こんにちは。

先日は、アロマストレッチを指導している私の友人と、ウォーキングをしてきました。

はじめはカフェでおしゃべりしようと言っていたのですが、歩くことを日課にし、歩きながら様々な気づきを得ている、という友人の話が魅力的で、じゃあ一緒に歩こう、ということに。

鹿沼の黒川河川敷はウォーキングには最適なコースで、おしゃべりしながら歩いたらあっという間に一時間経っていました!




この日は絶好のウォーキング日和。
青空、風もない日でした。

_20171225_185721.jpg

友人の万歩計曰く、

合計7077歩
5,3キロメートル。

ちょうどいい運動ですね


お腹が空いて、蕎麦好き同士で、鹿沼のお蕎麦屋さんに。
手打ち蕎麦、喬花さま。

_20171225_185839.jpg

広々としたお席で、頼んだのは、二人とも、ぶた汁そば。

ぶ厚い豚の角煮が入って、お腹が満たされました!

_20171225_185640.jpg

友人は普段、ウォーキングしながら自分のレッスンを反省したり、新たなアイデアを得たりしているそうです。
彼女のアロマストレッチは、ストレッチとはいえ、ジワーっと身体が緩んで行きながらほぐれる感じです。
私のお気に入りの先生で、彼女のレッスンは定期的に受けています。

そして、この日は歩きながら色々お話もできて、心がリラックス、デトックスできました

年末ですから、気持ち良く心身を整えて、新しい年を迎えたいですよね。

寒いけれど、無理のない範囲でお外でウォーキングはいいものですね。
お友達と一緒にできるとあっという間に気軽に運動できます。

オススメです


今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。




 | HOME |  »

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ