アトリエ バロック フランセーズ

心身の調和と健康、芸術性を育むバロック音楽とダンスのアトリエ

オルフェオのエコー

こんにちは。


8月になりましたね。


このところ、太陽の光にご無沙汰しているのですが、心の中は熱いです。


というのも、7月下旬に、古楽のグループで1年に一回行っている「イタリア詩学の会」が開かれ、モンテヴェルディのオペラ「オルフェオ」についての素晴らしい講座を受けてきたからです。


場所は東京音楽大学。


イタリア語の鈴木信吾先生が、イタリア語の詩の形式について解説されました。

モンテヴェルディをはじめバロック音楽の歌詞は、韻律を持った詩で書かれています。

作曲家はこの詩の形式を熟知し、言葉の意味がこわれないように音楽を付けていきます。

ということは、私たち演奏家も同じようにアプローチするといいのですね。

まず、歌詞のリズムを把握すること。

それにはイタリア語の知識や詩のリズム構造を知ることなのですね。


イタリア語の詩には、4,8,5,7,11音節詩行があります。

これらの詩の、アクセントの位置が大事になります。

アクセントのところにつけられたモンテヴェルディのメロディーを見ると、なるほど、音程が高くなりクレッシェンドしているような、また、長い音符で書かれていたりと、ちょうどこれが強調されているように見えるのです。


歌詞を詩の構造に沿って読んでいくと、そのまま音楽になれます。


また面白かったのが、rima baciata リーマ バチアータ 「韻がキスをする」という箇所。

これは詩の最後のところの韻が2行続けて踏んでいるところのことです。


この、韻のつづくところ、韻が「キスをする」と、次の音楽の構造はそれまでとガラッと変わるのですね。

たとえば、アリアに、と。


それにしても、この、韻がキスをするなんて表現、アモーレの国イタリアらしいと思いませんか?

なんだかとってもロマンチックで


さて、午前中に詩を把握したあと、私の先輩でもあるテノール歌手の福島康晴さんが、ピアノで伴奏をつけて歌いながら、「オルフェオ」の第5幕、アポロとオルフェオディアログ部分の楽譜解析をしてくださいました。

福島さんが歌いながら楽譜に込められている意味を説明し、天上のアポロと地上のオルフェオの世界の違いが、使われている旋法の違いによって表されていることなどをお話下さいました。

その歌声が柔らかくて、本当にイタリアの響きだったのです。

柔らかな光の、丸いドームの天井を思わせました。

私は福島さんの歌を何年か前にも聴いていたのですが、なんだかすっかりイタリア人のような声でした。


鈴木先生の朗読された韻律を持った詩のリズムが、福島さんの歌によって見事に音楽に変容を遂げました



そして、締めの講義は丸山桂介先生。

モンテヴェルディのオルフェオを生み出した神話、「オルフェオとエウリディーチェ」にまつわるお話。

神話、宇宙論、オルフェオの最後のモレスカのダンスについて、はたまた人間の脳科学について、スケールの大きすぎるお話でした。



その後、講座を受講していた仲間と福島さんとみんなでお茶会をしましたが、それが五角形の形でテーブルを囲んだため、名付けて「ペンタゴン茶会」


その後、まるでオルフェオのEcoが私たちに乗り移ったのか、池袋駅地下構内で3人による三角形的立ち話、名付けてトライアングル立ち話。


このメンバーが、またまたすごいです。

このオルフェオのエコーは、その後数日間、私の魂の中に住んでおりました。


良い講座、良い場、良い仲間。


時空を超えて、旅は永遠に続きます




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



スポンサーサイト

バッハ フランス組曲の演奏の動画をアップロードしました

こんにちは。

先月、5月27日の東京音楽大学ライブラリーコンサートでの演奏会の動画をアップロードしていただきました。

私のチェンバロソロのバッハのフランス組曲3番ロ短調の演奏です。

是非、ご覧になって下さい



マタイ受難曲の第1曲目に振り付けたバロックダンスの動画も、後々アップロードしていただいて載せたいと思います。



今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



東京音楽大学ライブラリーコンサート終了

こんばんは。

おかげさまで、5月27日の東京音楽大学ライブラリーコンサートは無事に終了いたしました。

図書館主催のコンサートは初めてでしたが、サポートがとても細やかで、気持ち良く進めていただきました。

そして、応援に来てくれた友人達。

皆さまのおかげでした。

感謝でいっぱいです


ソプラノの中丸知美さんの歌の「言葉」の表現力が素晴らしかったです。



彼女の呼吸は全く音を立てずに深く吸って行きます。
ですから、悠然とした響きになるのですね。

本当にすごいものには静寂が漂う。
そんなことを感じました。


チェロの根津要さんも、実力派チェリストです。

DSC_0837.jpg

アンサンブルは、呼吸が命。


私もこれからも、もっと勉強していきたいと思いました。



そして初めて自分で振付した、バロックダンス。

今の自分の中で、精一杯尽くしました。

DSC_0821.jpg



そして、フランス組曲 ロ短調。
演奏する、というよりも、お話を読み聞かせるイメージで演奏しました。

アングレーズの舞曲では、リュートストップを用いてリュートの雰囲気を出してみました。

_20170528_011229 - コピー



東京音楽大学のJ館スタジオは、バロックの劇やコンサートに適していると思います。

とても静謐な空間です。

_20170528_011426 - コピー


聴きに来て下さった友人達から、暖かい励ましの言葉、プレゼントをいただき胸が熱くなりました。

_20170528_011512.jpg


いただいた素敵なお花を飾ってみました。

やっぱり生花はいいですね

_20170527_235911 - コピー


コンサートの前日は、野菜の力でパワーアップしました。

栃木のトマト、かぶとひき肉のスープを作りました。
水を入れなくても、トマトからこんなに水分が。


美味しかったです

_20170525_192709 - コピー

ひとつひとつを丁寧に、自分の心を込めて演奏、ダンス、日常を送って行きたいと、
改めて感じた貴重な機会でした。


本当にありがとうございました。


ダンスや私のソロの動画を、後日にアップしたいと思います。



今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



フレスコバルディのトッカータ

こんにちは。



コンサートのためにチェンバロの練習を長い時間したあと、


一日の終わりにフレスコバルディのトッカータを、何も考えずに弾いてみると、


バッハにはない安らぎを感じて、心底感動し、リラックスできます。






その透明な美しさ、悲しみと祈りとが入り混じったような、


この上なく純粋な響き。





トッカータはプレリュードのような役割を持っていますが、


こんな風に練習の終わりのクールダウンのように、ただただ感性にまかせて弾くのも、またいいですね。



17世紀のイタリアのローマに旅している気分になれます。







音楽は、過去を体験できるタイムマシーンのようです。



フレスコバルディ、

是非弾いてみてくださいね




みなさま、どうぞ良い日曜日をお過ごしください。




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。



ダンスと演奏のコラボレーション

こんにちは。


今度東京のバロックダンスのクラスでダンスに伴奏をすることになっています。

昨日はその練習をしました。



曲は、リュリのオペラ「パエトン」のシャコンヌ。



シャコンヌとは、定旋律が果てしなく続く形の音楽で、組曲やオペラの最後に置かれていることも多いです。

作曲家はシャコンヌをどこまでも、変奏で作曲できるのですね。

一応終わりはありますが、曲はそういうわけで大抵長くなります。

例えばバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータニ短調 終曲シャコンヌ、なども長く壮大な曲ですね。



このリュリのシャコンヌは、とてもとても美しい曲です。

はじめは 「きれいな曲だな」 くらいに思っていたのですが、

弾けば弾くほど、パエトンの儚い運命を物語って繊細で壊れやすい束の間の魂の響きに聴こえてきて.....



リュリは、どうしてこんなに美しく曲を書けたのでしょう。



ところでシャコンヌパエトンのダンスは、10ページの舞踏譜が残っています。

こちらも暗記して、身体に覚えこませました。




さて、バロックダンスのクラスではピアノで伴奏をすることになっています。

それで、ピアノでパエトンを練習し、録音してみました。

そして、自分の演奏録音に合わせてダンスのステップを踏んでみました。



すると、不思議。



演奏では少し間をおいて、新しくフレーズが流れるように書かれている箇所が、

踊りでは、先に行かないと流れが止まってしまう。




逆に演奏では間をおかなくてもスイスイ先に行けてしまう所に、

ダンスのカデンス(フレーズの切れ目、呼吸を要する所) がありました。

早速楽譜にしるしを付けて、そこで少し呼吸を取るようにしました。




このように、ダンスと演奏が一体となると、曲の構造がよりはっきりと分かって行きます。




さあ、そしてクラスのダンサー達はそれぞれの意見を持っています。

つまり、そこでまた柔軟に呼吸の取り方や間合いを対応してゆくことになりますね。




これは、歌手やソリストの伴奏をすることに近いことではありますが、

ダンスは、身体の動きが要するテンポというのがありますので、

また違った間の取り方も覚えられます。




リュリの時代、ルイ14世治下では、きっとこんな風にダンサーと音楽家のやり取りが行われていたのでしょう。


とても楽しい作業ですし、勉強になります



今後このようなダンスと演奏のコラボレーションがどんどん増えてくるといいなと思っています。




今日も、お読み頂きまして、ありがとうございました。




 | HOME |  »

プロフィール


臼井雅美

Author:臼井雅美
ピアノを東京音楽大学で、古楽をドイツのブレーメン芸術大学とフィンランドで学びました。
チェンバリスト、クラヴィコーディストです。
バロックダンスは、フランスで勉強してきました。
ピアノは大手楽器店、また個人の音楽教室でたくさんの子供たちを教えていました。

カーステン・ローフ教授によるプロフェッショナルチェンバリスト、通奏低音奏者資格取得

フランソワーズ・ドニオによるバロックダンス教授資格取得

ハノーファー・インリィングアで、ドイツ語資格B1取得

DELFフランス国民教育省フランス語資格試験B2取得

アテネ・フランセ フランス語上級試験合格

2002年東京音楽大学研究員
2005年~2011年東京音楽大学「音楽と修辞」担当助手
2005年~2011年くらしき作陽大学特別講師
バッハの学校講師

栃木県蔵の街音楽祭、岡山音楽祭、松山音楽祭出場

丸山桂介著「バッハ聖なるものの創造」(2011年春秋社)に、バロック運指法について記述、並びにクラヴィコードによるバッハ「インヴェンションとシンフォニア全曲」を収録。(ISBN978-4-393-93788-4C0073)

ソロ演奏会や日本や海外の演奏家との共演、レッスンを行っています。

猫とチョコレート、自然が大好きです。


最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ